NO IMAGE

ステップワゴンの安全性を実証してみた! 驚きの結果を公開!

車を運転する上で安全面についての
関心は多くの方が持っていらっしゃると思います。

いかにドライバーが安全運転を
心がけたとしても絶対ということはありません。
運転する上で気づかない危険は多く潜んでいます。
そんなドライバーの負担を軽減し、
事故を減らすための工夫がされた
ホンダ・ステップワゴンについて今回はご紹介していきます!

もちろん車の安全機能に頼り切ってはいけません!
自己確認・安全運転は常に心がけることが大事ですよ。

それではステップワゴンの安全性について、
実証を進めていきたいと思います。

ステップワゴンの安全性を実証してみた

安全性能が高いイメージがある
ステップワゴンについて
実際に購入された方の声を調査してみました。

先行車や歩行者、対向車を検知し、
衝突を回避するための自動ブレーキ制御を行う
衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能といった
衝突事故を回避・軽減するための機能が充実しており、
家族からの評判もよく安全運転の
手助けになるという声が多くありました。

平成29年度自動車アセスメントの
予防安全性能評価において最高ランクの
ASV++を獲得した実力は評判通りであることがわかりました。

そんなステップワゴンの安全機能についていくつか
ピックアップしてご紹介させていただきます!

ステップワゴンの安全機能を公開

ステップワゴンには安全運転を
アシストする様々な機能が搭載されています。

まずは危機を察知し、ドライバーに注意喚起を促したり
自動ブレーキ制御により衝突回避や
衝突被害の軽減をアシストしたりする機能が多数搭載されています。
機能としては、衝突軽減ブレーキ
前方の先行車や歩行者、または対向車を検知し、
システムが衝突する危険があると判断した場合に
自動ブレーキ制御を行うことで
衝突回避や被害軽減をアシストする機能です。

・誤発進抑制機能

停車時または約10km/h以下の低速走行をしているときに、
自車のほぼ真正面かつ近距離に
車両といった障害物があるにも関わらず
アクセルペダルを踏み込んだときに、
エンジンやモーターなどの出力を
抑制することで急な発進を防ぐ機能です。

・歩行者事故低減ステアリング

約10km/h~約40km/hで走行中に、
歩行者側への車線逸脱および歩行者との衝突を予測した場合に、
ステアリング操作による回避行動をアシストする機能です。

・先行車発進お知らせ機能

先行車との車間距離が約10m以内で、
先行車の発進を検知したあとも自車が
停止し続けたときに作動し、
ドライバーにお知らせする機能です。

・標識認識機能

「最高速度」「はみ出し通行禁止」「一時停止」
「車両進入禁止」の標識を検知・認識し、
ディスプレー表示してドライバーの標識見逃しを防ぐ機能です。
といったように様々な機能が実装されています。
上記以外にも安全面をサポートする機能は他にもついていますし、
オプションで更に追加することもできます。

ステップワゴンの安全性の評価をまとめてみた結果

これまで事故を防ぐための様々な機能を紹介しましたが、
それだけにとどまらず、標識認識機能や
ふらつき運転を抑制する車線維持システムといった
運転でのミスを減らすための工夫も多くされているため、
カーライフを送る上でドライバーのストレス軽減にも役立っており、
それらが実際に使われているユーザーからも評価されております。

まとめ

・ステップワゴンの安全性能は高くユーザーからも支持を受けている。
・衝突事故を回避・軽減する機能が充実している。
・安全性能が高いからと言ってドライバー自身の確認を怠ってはいけない!

いかがだったでしょうか?
車を運転することは常にリスクがあります。
家族や知人の命を預かる車として、
安全性能は高ければ高いほど安心ですよね。

重大事故につながる操作を抑制する機能や
標識の見逃しや先行車の発進の見逃しといったことが
起きにくくするための機能も充実しており、
多機能といった印象を受けました。

車選びをする際、乗り心地やデザイン以外にも
安全性能も重視する価値はあると思います。
交通事故は時に人生を狂わせてしまいますからね…

さて、今回はステップワゴンの
安全性能についてご紹介してきました!

他にも、ステップワゴンの購入前に知っておきたいこと
維持費、値引きのコツなどを紹介した記事もありますので
ぜひ他の記事もご覧になってくださいね!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>「あの車」に乗りたい!!車乗り換えたい..

「あの車」に乗りたい!!車乗り換えたい..

そろそろ今の車も古くなってきたかなー
「あの車」に乗るために出来る事まとめました

CTR IMG